以前「終わってる」会社で働いていた会社員ブロガーです。

 

この記事では、僕のこの経験から「終わってる」会社の特徴をご紹介します。

 

当時その「終わってる感」が嫌で、今はそんな環境とはオサラバしてホワイト企業で働いています。

 

転職してみると改めて「あの会社マジで終わってな」と感じます笑

 

「終わっている」とはこんな会社です。

  • 社員のやる気がない
  • 若手が希望を抱けない
  • 会社が右肩下がり

 

終わっている会社にいた時はコンプレックスで同窓会に行けなかった

以前は仕事・会社にコンプレックスがありすぎて同窓会に行けないほどでした・・・

 

終わっている会社での仕事、社内の雰囲気を友人に話すのが恥ずかしかったんです・・・

 

社会人になってから本当に友達と会わなくなりました。

 

終わってる会社の特徴

終わってる会社の特徴をご紹介します。

1.おじさんがいっぱいいる

こんな会社は危険です。

日本の大手企業はほとんど当てはまるのではないでしょうか。

何事も「なあなあ」にする

おじさんがいっぱいいると、何事も「なあなあ」になってしまうんですよね。

 

そしてそのせいで若手がツケを払うことになったり・・・

 

僕も何度このおじさん達の仕事を肩代わりしたか・・・

 

前の職場は平均年齢は40代後半位でした。

 

おかしなおじさんいっぱいしましたよ。

 

2.そのおじさん達がダラけている、意味不明なことを言い出す

中間管理職のイラスト

そのおじさん達にダラけた人が多いとさらにオワタです・・・

 

前職はダラけたおじさんしかいなかったせいで、仕事が本当につまらなかったです。

 

前向き・新しいことをやろうとする僕が冷やかされるような職場でした。

 

こういうおじさんって全然勉強しないくせに、勉強している若手に言うことを聞かないからたち悪いんですね・・・

 

また、意味不明・不条理なことを言い出すおじさんが多く、色々悩まされました。

 

電話で連絡しないとキレられる・・・

たとえば、他の事業所の所長を会議に呼ぶ時にFAXやメールで済ませようとするとその人が怒りの電話を入れてきます・・・

 

「目上の人にお願いする時は電話だろ!」という意味不明なことを言ってきました。

 

会議開催のお知らせなんて文字情報で十分ですし、その出欠はメールで連絡すれば済む話です。

(ちなみに、このおじさん達はメールは読むことしかできず返信ができない。代替手段としてFAXを使う。)

 

電話でやってしまうと相手がいないと情報が伝えられず、何度も電話をかけ直すというロスが発生します。

電話は明らかに非効率です。

 

まぁ、こんな昭和的な時間感覚、「無駄」という概念がない人達の集まりなので、あんな終わってる会社だったんでしょうね・・・

 

こんな職場に未来はありません。

 

3.そしてそのおじさん達を注意できない

ふさぎ込む人のイラスト(男性会社員)

「ダラけたおじさん」を「注意できないおじさん」が多いのも問題です。

 

管理職がダメおじさんを注意できないのです。

 

そんなのが続けばダラけたおじさんはさらにダラケます。

もうマネジメントは崩壊です。

 

今振り返るとあんなレベルの低い会社がよく何十年も存続できたなと思います。

意識が低すぎる人達の巣窟でした・・・

 

中学生よりもレベルが低い人達がお金をもらっているのだから不思議なものです。

 

4.たばこを吸う人が多い

前職では男性の8割位はタバコを吸っていました。

 

そしてダラダラたばこを吸う人が多いんです。

これが仕事のダラダラにも繋がっていました。

 

僕は嫌煙家ではありませんが、ダラダラの原因に繋がるタバコは嫌いです。

 

世の中にはメリハリをつけてタバコを吸える人も多いですが、職場にたばこを吸う人が多いと悪い方向に行ってしまう可能性もありますね。

 

5.女性が決まった時間にお茶くみをする

毎日10時、15時になると女性がお茶くみを始めます・・・

あ、これは平成の話です笑

 

僕は女性のお茶くみが本当に不毛だと感じていました。

 

女性側からしたら時間のムダだし、僕はお茶をもらっても全く嬉しくありません。

 

お茶なんて自分で作るか、自販機で買えば良いのです。

 

他人のために無駄な時間を使っているだけですし、馬鹿なおじさんが図に乗るだけです。

まさに不毛。

 

男尊女卑がエグい

現代の男女平等社会の中で、普通の会社であれば「やめよう」という声が上がるのですが、終わってる会社なのでそんな声は挙がるはずもありません。

 

むしろ男性から「お茶くみを廃止すると女性がお茶を飲みづらくなるのでは?」という声が挙がるほどでした・・・

完全な男尊女卑・・・

 

ホワイト企業であれば「セクハラ」になるでしょうね・・・

 

 

まとめ

まとめると終わってる会社の特徴はこちら。

  1. おじさんがいっぱいいる
  2. そのおじさん達がダラけている
  3. そしてそのおじさん達を注意できない
  4. たばこを吸う人が多い
  5. 女性が決まった時間にお茶くみをする

 

みなさんの会社は当てはまっていませんか?

 

当てはまっていたら終わってる会社の可能性があります・・・

 

自分の将来を真剣に考えた方がいいです。

マジで。

 

終わってる会社から抜け出した僕だからこそ胸を張って言えます。

 

あわせて読みたい

今終わっている会社にいて、少しでも転職を考えている方はこちらの記事も読んでみてください。

 

僕が実際に転職してみて、転職のメリット・デメリットを書いています。

>>【転職に迷う人へ】転職経験者が転職のメリット・デメリットを挙げる

 

僕は職種、業界未経験で転職したのですが、転職後すぐは仕事に慣れるまで結構苦労しました。

その経験を踏まえ未経験の転職で大変だったことをまとめました。

>>【体験談】20代で職種、業界未経験の転職をしてみて大変だった事

 

 

転職エージェント体験談

終わってる会社にいた僕が、ホワイト企業に転職して年収アップをアップさせた体験談を書いています。
>>【体験談】僕がリクルートエージェントを使ってみた感想

 

こちらも転職エージェントの体験談です。

>>20代転職経験者が転職エージェントを使ってみた感想

 

結婚を考えているけど年収低いからなかなか彼女に言い出せないという人はこちらの記事を。

>>年収低すぎて結婚できない?それなら転職しようよ

 

終わっている会社からホワイト企業に転職できた!

実は僕、前職では誇れるような成功体験は何もありませんでしたが、ホワイト企業に転職できたんです。

 

今では給料が200万円以上上がり、周りに誇れるような仕事ができているので本当に転職してよかったと思っています。

 

終わっている会社からホワイト企業への転職に成功した話は以下記事で書いていますので、今終わっている会社で苦しんでいる人はぜひこの記事を読んでみてください。

>>【ホワイト企業に転職したい人へ】ホワイト企業へ転職した僕がその方法を解説