以前「終わってる」会社で働いていた会社員ブロガーです。

 

この記事では、僕のこの経験から「終わってる」会社の特徴をご紹介します。

 

当時その「終わってる感」が嫌で、今はそんな環境とはオサラバしてホワイト企業で働いています。

 

転職してみると改めて「あの会社マジで終わってな」と感じます笑

 

「終わっている」とはこんな会社です。

  • 社員のやる気がない
  • 若手が希望を抱けない
  • 会社が右肩下がり

 

終わっている会社にいた時はコンプレックスで同窓会に行けなかった

以前は仕事・会社にコンプレックスがありすぎて同窓会に行けないほどでした・・・

 

終わっている会社での仕事、社内の雰囲気を友人に話すのが恥ずかしかったんです・・・

 

社会人になってから本当に友達と会わなくなりました。

 

終わってる会社の特徴

終わってる会社の特徴をご紹介します。

1.おじさんがいっぱいいる

こんな会社は危険です。

日本の大手企業はほとんど当てはまるのではないでしょうか。

 

何事も「なあなあ」にする

おじさんがいっぱいいると、何事も「なあなあ」になってしまうんですよね。

 

そしてそのせいで若手がツケを払うことになったり・・・

 

僕も何度このおじさん達の仕事を肩代わりしたか・・・

 

前の職場は平均年齢は40代後半位でした。

 

おかしなおじさんいっぱいしましたよ。

 

2.そのおじさん達がダラけている、意味不明なことを言い出す

中間管理職のイラスト

そのおじさん達にダラけた人が多いとさらにオワタです・・・

 

前職はダラけたおじさんしかいなかったせいで、仕事が本当につまらなかったです。

 

前向き・新しいことをやろうとする僕が冷やかされるような職場でした。

 

こういうおじさんって全然勉強しないくせに、勉強している若手に言うことを聞かないからたち悪いんですね・・・

 

また、意味不明・不条理なことを言い出すおじさんが多く、色々悩まされました。

 

電話で連絡しないとキレられる・・・

たとえば、他の事業所の所長を会議に呼ぶ時にFAXやメールで済ませようとするとその人が怒りの電話を入れてきます・・・

 

「目上の人にお願いする時は電話だろ!」という意味不明なことを言ってきました。

 

会議開催のお知らせなんて文字情報で十分ですし、その出欠はメールで連絡すれば済む話です。

(ちなみに、このおじさん達はメールは読むことしかできず返信ができない。代替手段としてFAXを使う。)

 

電話でやってしまうと相手がいないと情報が伝えられず、何度も電話をかけ直すというロスが発生します。

電話は明らかに非効率です。

 

まぁ、こんな昭和的な時間感覚、「無駄」という概念がない人達の集まりなので、あんな終わってる会社だったんでしょうね・・・

 

こんな職場に未来はありません。

 

3.そしてそのおじさん達を注意できない

ふさぎ込む人のイラスト(男性会社員)

「ダラけたおじさん」を「注意できないおじさん」が多いのも問題です。

 

管理職がダメおじさんを注意できないのです。

 

そんなのが続けばダラけたおじさんはさらにダラケます。

もうマネジメントは崩壊です。

 

今振り返るとあんなレベルの低い会社がよく何十年も存続できたなと思います。

意識が低すぎる人達の巣窟でした・・・

 

中学生よりもレベルが低い人達がお金をもらっているのだから不思議なものです。

 

4.たばこを吸う人が多い

前職では男性の8割位はタバコを吸っていました。

 

そしてダラダラたばこを吸う人が多いんです。

これが仕事のダラダラにも繋がっていました。

 

僕は嫌煙家ではありませんが、ダラダラの原因に繋がるタバコは嫌いです。

 

世の中にはメリハリをつけてタバコを吸える人も多いですが、職場にたばこを吸う人が多いと悪い方向に行ってしまう可能性もありますね。

 

5.女性が決まった時間にお茶くみをする

毎日10時、15時になると女性がお茶くみを始めます・・・

あ、これは平成の話です笑

 

僕は女性のお茶くみが本当に不毛だと感じていました。

 

女性側からしたら時間のムダだし、僕はお茶をもらっても全く嬉しくありません。

 

お茶なんて自分で作るか、自販機で買えば良いのです。

 

他人のために無駄な時間を使っているだけですし、馬鹿なおじさんが図に乗るだけです。

まさに不毛。

 

男尊女卑がエグい

現代の男女平等社会の中で、普通の会社であれば「やめよう」という声が上がるのですが、終わってる会社なのでそんな声は挙がるはずもありません。

 

むしろ男性から「お茶くみを廃止すると女性がお茶を飲みづらくなるのでは?」という声が挙がるほどでした・・・

完全な男尊女卑・・・

 

ホワイト企業であれば「セクハラ」になるでしょうね・・・

 

 

まとめ

まとめると終わってる会社の特徴はこちら。

  1. おじさんがいっぱいいる
  2. そのおじさん達がダラけている
  3. そしてそのおじさん達を注意できない
  4. たばこを吸う人が多い
  5. 女性が決まった時間にお茶くみをする

 

みなさんの会社は当てはまっていませんか?

 

当てはまっていたら終わってる会社の可能性があります・・・

 

自分の将来を真剣に考えた方がいいです。

マジで。

 

終わってる会社から抜け出した僕だからこそ胸を張って言えます。

 

終わってる会社で一生働きますか?

あなたがこの記事に共感してくれていたら、あなたの会社が沈みかけているサインです。

 

僕は前職の終わっている会社で働いているときから、「これは確実に沈むな」と思って転職しました。

 

結果、大正解。

 

沈みかけている船に乗りっぱなしで、その船と一緒に沈みますか?

 

行動できないまま、なぁなぁで毎日を過ごしていたらそのまま沈んでしまいますよ。

 

終わっている会社が変わることはない

終わっている会社が変わることはありません。

 

最近、前職のことを知人に聞いたのですが、やはり右肩下がり感は否めないそうです。

 

僕は転職して劣等感がなくなった!

あなたが今終わっている会社にいて、毎日嫌々会社に行っているなら少し転職のことを考えてみましょう。

 

僕は転職して大正解でした。

 

終わってる会社で働いていたときは、「大学の同級生が良い会社で働いている中、俺はなんでこんな会社で働いているんだろう・・・」という劣等感を毎日感じていたのですが、転職によってこれがなくなりました!

 

この劣等感本当に嫌だったんですよね・・・

ストレスで頭おかしくなりそうでしたし、顔のほうれい線が日に日に増えていってたし笑

 

毎日嫌々会社に行くなんて時間の無駄です!

 

僕は転職してから「前職で多くの時間を無駄にした」ことに気づきました・・・

 

まずは求人を見てみよう

まずは、転職サイトなどでよその会社の求人を見ることをおすすめします。

転職サイトはリクナビNEXTがおすすめです。

 

他の会社の求人を見ると今の会社にいることが馬鹿らしくなるんですよね・・・

 

世の中にはこんなに多くの会社があるのに俺な人やってんだろう・・・とか。

 

オシャレなオフィスを見て憧れたり・・・

 

リクナビNEXTは転職サイトの王道で、転職する人の多くが利用するサービスです。

 

もちろん完全無料で利用できます。

 

年間休日120日以上の求人が5,000件以上ある!

リクナビNEXTには、年間休日120日以上の求人が5574件もあるんです!

(2018年12月12日現在)

 

びっくりしませんか?

 

年間休日120日と言ったら、週休二日は当たり前、祝日も休みになる計算です!

 

休みの多い会社、憧れませんか?

 

社宅・家賃補助ありの求人が1,700件以上ある!

また、社宅・家賃補助ありの求人が1,700件以上もあります!

 

僕の前職は家賃補助がなく、その中でひとり暮らしをしていた僕としてはこんな会社に憧れていました・・・

 

こんなにも魅力的な求人があると聞くと、なんか可能性が広がりませんか?

 

リクナビNEXTはマイペースで転職活動できる

リクナビNEXTのような転職サイトは、転職エージェントと違いエージェントがバンバン求人を紹介してくるわけではないので、マイペースに求人を探せます。

 

リクルートから電話がかかってくることもありません。

 

じっくりといろんな求人を見ることができるので、求人をなんとなく知りたいという人におすすめです。

 

【無料】自分の強みが発見できる

また、リクナビNEXTでは「グッドポイント診断」という自分の強みを発見できるツールが無料で利用できます。

 

18種類の中から自分の強みを5つ診断してくれるので、今後市場で評価されるにはどんなことに注力すればいいのかが見えてきます。

無料でできるので是非やってみてください。
>>【無料】グッドポイント診断はこちらから

 

実際に僕がグッドポイント診断をやってみた記事はこちら。

>>強みと適職が無料でわかるグッドポイント診断とは?

 

けいれきナビで自分のキャリアの棚卸しを

また、「けいれきナビ」という職務経歴書を簡単に作れるツールがあるので、転職する・しないにかかわらず、自分の仕事の棚卸しができます。

 

登録はすぐ終わる!

リクナビNEXTの登録は5分以内で終わります。

まずは登録して求人を見てみましょう!

 

たった5分でできる簡単なこともやらない人が、自分で幸せな人生を切り開けるわけがありません。

 

僕も色々不安はありましたが、リクナビNEXTへの登録など小さなことから行動を始めて、最終的にホワイト企業に転職できました。

 

今「終わっている会社」にいると気づいているのに、このまま動けなかったら3年後後悔していると思いますよ・・・

 

だって僕は今、転職して本当に良かったと思ってますもん笑

 

「超」売り手市場の今を逃したら間違いなく後悔する!

また、転職を少しでも考えている人は、今が「超」売り手市場であることを意識しておきましょう。

 

有効求人倍率は上昇を続け、2018年5月の正社員の有効求人倍率は過去最高になりました。

出典:求人倍率44年ぶり高水準 5月1.60倍、正社員は最高

 

各企業どこも人手不足

超売り手市場の今、各企業は人材獲得に必死ですが、ニュースで報道されているように人手不足等で採用がうまくいっていないのが現状です。

 

なので、ポテンシャルがあれば未経験でも採用するという企業が増えているんだそう。

(これは大手転職エージェントの方に聞いたお話です。)

 

それくらい今はチャンスなんです!

 

このチャンスを逃したら間違いなく後悔するはずです。

 

まずはどんな求人があるかだけでも見ておきましょう。

リクナビNEXTの会員登録は5分以内で終わります。
>>リクナビNEXTで求人を探す

 

※上記リンクをクリック後はメールアドレスを入力して「新規会員登録」ボタンを押せばOKです!

この後リクナビNEXTからメールが届きます。

特にメンドーなことは一切ありません!

 

 

終わっている会社からホワイト企業に転職できた!

実は僕、前職では誇れるような成功体験は何もありませんでしたが、ホワイト企業に転職できたんです。

 

今では給料が200万円以上上がり、周りに誇れるような仕事ができているので本当に転職してよかったと思っています。

 

終わっている会社からホワイト企業への転職に成功した話は以下記事で書いていますので、今終わっている会社で苦しんでいる人はぜひこの記事を読んでみてください。

>>【ホワイト企業に転職したい人へ】ホワイト企業へ転職した僕がその方法を解説

 

 

あわせて読みたい

今終わっている会社にいて転職を考えている方はこちらの記事も読んでみてください。

 

終わってる会社にいた僕が、ホワイト企業に転職して年収アップをアップさせた体験談を書いています。
>>【体験談】僕がリクルートエージェントを使ってみた感想
>>20代転職経験者が転職エージェントを使ってみた感想

 

結婚を考えているけど年収低いからなかなか彼女に言い出せないという人はこちらの記事を。

>>年収低すぎて結婚できない?それなら転職しようよ