「仕事辞めたいとか言う奴は甘い!」

 

これよく聞く言葉ですよね。

でもこんな言葉気にする必要はありません!

 

僕は「仕事なんて辞めていいじゃん」って思います。

 

だって僕は前職が嫌で辞めて転職してるので。

そして僕が辞めた後も何も支障なく前職の部署は回り続けているので。

 

前職は「やる気のないおじさんや若手がいっぱいいる企業」にいたので結構苦しみました。

 

「あんな所さっさと辞めて良かった」といつも思っています。

 

この記事では、「仕事辞めたいと言う奴は甘い」という嘘に苦しむあなたに向けて、僕が会社を辞めた経験から「仕事を辞めること」について書いています。

 

「仕事辞めたい」は甘えじゃない!

「仕事辞めたい」という思いは甘えではありません。

 

これはあなたが何かに疑問を感じている・不満を持っているから湧き上がるのです。

僕は新卒入社した前職で、常に疑問・不満を持っていました。

 

それは以下のようなものです。

  • 会社の業績が悪く将来が不安
  • 給料が少なくもっと年収を上げたい
  • 同僚のやる気がなく仕事が面白くない
  • 足の引っ張り合いばかりしていてくだらない
  • 社歴だけ長いおじさん・おばちゃんがしょうもない
  • 今の仕事が絶対に自分に向いていない、自分の強みを活かせない

 

あなたが「仕事を辞めたい」と感じるのは全く間違っていません。

 

仕事を辞めたければ辞めればいい

僕は仕事を辞めたければ辞めればいいと思っています。

 

僕はこれを堂々と言えます。

 

世の中にはヤバイ会社がいっぱいある

何度もいいますが、嫌だったら辞めればいいんです。

 

だって、世の中にはヤバイ会社がいっぱいあるんですから。

そんなヤバイ会社にいたら自分が損するだけ。

 

僕の前職もヤバイ会社でした。

 

僕が前職をやめた理由

僕が前職を辞めた理由はこちらです。

  • やる気のない社員が多く、前向きな職場で働きたかったから
  • 給料が安く、給料を上げたかったから

 

この2つの理由って、これを読んでいるあなたにも共通しませんか?

 

このように感じながら嫌々働いている人って世の中に沢山いる気がしています。

Twitter見てればこんなこと明らかですよね笑

 

僕はこの2つを改善するために転職しました。

 

そして、無事に「前向きな職場」、「年収アップ」を手に入れました。

 

あなたもこうなれる可能性があるんです。

辞めたければ辞めてください。

 

「辞めて申し訳ないと思わないのか!」と言われたら

「辞めたければ辞めろ」と言われても、真面目な人・心配性な人はこう思うのではないでしょうか。

 

「辞めて申し訳ないと思わないのか!」と言われそうで不安・・・

僕も心配性なのであなたの気持ちがわかります!

 

でも安心してください。

間違いないく言われますから笑

僕も上司に転職することを伝えた時に言われました笑

 

僕は「自分の可能性にチャレンジしたい」と伝えてなんとか乗り切りました!

 

色々言われても「しょうがないじゃん」で片付ける

色々言われても気にしないのが一番です。

 

「しょうがないじゃん」で片付けましょう。

 

僕が転職することを伝えたのは課長と部長だったので、外面は「ごめんなさいオーラ」を全開に出していました。

 

ですが、内心は「しょうがないじゃん」「あんたらのマネジメントがイケてないからこんなことになるんだよ」と思っていました笑

 

上司に色々言われてる時は心苦しい部分あるかもしれませんが、そこを過ぎれば天国です。

 

そこだけ我慢しましょう。

 

自分の代わりなんていくらでもいる

転職することを伝えた時に、こんなことも言われる可能性があります。

「今の人手不足の中、チームに迷惑がかかるだろ。代わりはどうするんだ!」

 

こんな言葉も無視しましょう。

 

自分の代わりなんていくらでもいます。

これは僕が前職を辞めた経験から言えます。

 

「A君(僕)がいなくても仕事回ってるよ」という衝撃の一言

前職を辞めて数ヶ月してから前職の友人と会いました。

 

そこで衝撃的な一言が。

 

「A君(僕)がいなくてもちゃんとチームの仕事回ってるよ」

 

これには驚きました。

転職することを前職の人達に伝えた時、「A君(僕)がいなくなったらチームの仕事が回らなくなるんじゃない?」と言われていたからです。

 

1人辞めても仕事なんて余裕で回る

でも僕が辞めてもチームの仕事は余裕で回っていたんです。

 

僕はこの経験から、「1人くらい辞めても仕事なんて余裕で回る」「自分の代わりなんていくらでもいる」と思うようになりました。

 

代わりがきかない人というのは、孫正義クラスのスーパースターだけです。

 

勘違いするのはやめましょう。

自分を勝手に生きづらくするだけです。

 

自分の代わりなんていくらでもいるんだから、心置きなく辞めましょう。

 

まとめ

この記事のまとめです。

  • 「仕事辞めるなんて甘い」という言葉は気にしない。
  • 世の中にはヤバイ会社がいっぱいあるんだから、ヤバイと感じたら即辞める。
  • 自分の代わりなんていくらでもいる。

 

辞めたければ辞めればいいんです。

1人くらい辞めても会社は余裕で回ります。

 

本当に今の会社のままでいいのか真剣に考えてみよう

今嫌々働いているのなら、今の会社でずっと働いていいのか真剣に考えた方がいいと思います。

 

考えるだけで思考が整理され、自分がこれからどんな仕事をしていきたいのか、どんな環境を求めているのかが明らかになっていきます。

そこで何かアクションの必要を感じたらアクションをすればいいと思います。

 

転職サイトに登録するのも1つのアクション

僕がおすすめしているのは転職サイトへの登録です。

※転職サイトに登録しても転職する必要はありませんし、転職サイトから電話がかかってくることもありません。

※僕は就職2年目で転職サイトに登録しました。

 

転職サイトに登録すると以下のメリットがあります。

  • どんな求人があるのか、自分の給料の妥当感がわかる
  • 自分の強みを発見できる(無料ツールあり)
  • 適正年収を知ることができる(無料ツールあり)

 

特におすすめなのが強み発見ツール

上記メリットの中で特におすすめなのが、強みを発見できるツールです。

これは転職サイトで無料で利用できます。

 

これをすることで強みを発見でき、転職する・しないに関わらず、その強みを活かした仕事を見つけたり、自分の活躍の場を知ることができます。

 

今の職場でずっと働くにしても、自分の強みを活かせ、自分が主導権を持って進められる仕事の方が働きやすいですよね?

 

おすすめはリクナビNEXTのグッドポイント診断

強み発見で一番おすすめのツールはリクナビNEXTのグッドポイント診断です。

 

これはリクナビNEXTに登録するだけで無料で利用することができます。

 

僕もグッドポイント診断で強みを見つけることができました!

グッドポイント診断の詳細は以下記事で書いています。

>>>【僕は独創性が強み!】あなたの強みと適職が無料でわかる!グッドポイント診断は絶対にやっておこう!

 

 

適正年収を知りたい人はミイダスで!

適正年収を知りたい人はミイダスがおすすめです。

ちょっとした質問に答えるだけで適正年収がわかります。

もちろん無料です!

 

僕もやってみましたが、意外と自分の適正年収は高いことに気づきました。

>>【無料で適正年収診断】ミイダス

 

 

初めの一歩を踏み出すのが一番面倒

自分の人生を良い方向に持っていくために一番難しいのが「初めの一歩を踏み出すこと」です。

 

人は「いつかやろう」と思ってずっと行動しません。

僕もそうでした笑

 

「明日野郎は馬鹿野郎」という言葉がありますが、本当にその通りです。

 

この記事を見て何かアクションを起こそうと思っていただいても、今やらないとたぶん一生やりません。

YouTube見て寝ちゃういつものパターンです笑

 

なのでアクションをしようと思ったら今日やってしまいましょう。

 

もし転職サイトに登録しようと思ったら今日やることをおすすめします。

転職サイトは、みんなが使っている超メジャーな転職サイト「リクナビNEXT」がおすすめです。

※登録は数分で完了します。

>>リクナビNEXTに無料登録する

 

僕の転職体験談

この記事の他にも僕の前職での話、転職体験談を書いています。

 

以下記事では、やる気のない社員だらけのヤバイ会社からホワイト企業に転職できた話を書いています。

 

転職エージェントを利用した感想も書いていますので、転職するか悩んでいる人はぜひ読んでください。

転職エージェントって興味はあるけどなんか敷居高いという人も参考になりますよ。

>>20代で転職に成功した僕が転職エージェント体験談を語る

 

以下記事では僕がリクルートエージェントを実際に使ってみての感想を書いています。

リクルートエージェントの担当者は優しかったです。

>>【体験談】僕がリクルートエージェントを使ってみた感想