こんにちは。

リクルートエージェントを利用してホワイト企業に転職できた会社員です。

 

僕はリクルートエージェントを利用して大満足だったのですが、ネットを見るとリクルートエージェントの悪い評判が目に付きます。

 

今リクルートエージェントを検討しているであろうみなさんも、リクルートエージェントで検索すると悪い評判がチラホラあるので、少し迷ってしまっているのではないでしょうか。

 

そこで、この記事では、実際にリクルートエージェントを利用した人が感じた「リクルートエージェントの悪い点」をご紹介します。

 

正直に答えてもらった生の声をご紹介します。

 

よくよく見ると、リクルートエージェントに悪い点は確かにあるようですが、トータルの満足度は高いという傾向があるようです。

 

リクルートエージェントの悪い評判

Aさん「メールの返信が遅い」

メールの返信が遅かったり、急な連絡がたまにあったようです。

担当エージェントの方がなかなか忙しそうな様子で、メールの返信が度々遅い時があった。

「明後日に~社の面接が急遽決まっていたのですが、ご予定いかがですか?」等、かなりスケジュール的にタイトな連絡がたまにあった。

 

転職希望者と採用企業との連絡もあり、なかなか忙しい状況も理解できるが、特に面接日程等の重要連絡は可及的速やかに送ってもらえると嬉しいなぁ、と感じた。

 

しかし、この方はリクルートエージェントのトータルの満足度は高く、このようにも回答しています。

未経験職種への転職(書籍や雑誌の編集職への転職)を希望し、他のエージェントでは求人がなかなか無い中、担当エージェントの方に相当数の求人を紹介して貰えた。

 

その中にはインターネットには掲載されていないものも多数あり、この段階で面談に申し込んだ価値があったと感じた。

 

エントリーシートの添削やエントリー後の面接練習でも、敢えて厳しい意見を言ってもらえたのが良かった。

転職のプロに客観的に指摘してもらえるのは自信に繋がった。

 

 

Bさん「連絡が取りづらい時がある」

エージェント担当者が忙しく、なかなか連絡が取れないという時があったようです。

非常にできる担当者ということもあり、多くのクライアントをもっていたのか、連絡が取りづらい時がありました。

 

特に面接前日や、経歴書類の相談など大事な時に限ってメールの返信や電話が遅く、困ったことがありました。

 

総合的に観て、求人者に対するスタッフ数(1人当たりのクライアント数)が、もしかしたら合っていなかったのかもしれません。

 

Bさんは最終的にはリクルートエージェントに満足しており、こんなことを言っていました。

同社利用で最も良かったのは、内定が決まった時の担当からもらった「ありがとうございました」という一言でした。

普通なら「おめでとうございます、頑張ってください」だと思うのですが、担当者は当方の頑張りと勉強させてもらったという意味で感謝したかったと後に教えてくれました。

 

またこれも担当者とのやり取りになります。

担当者は色々な企業を提案しては、その理由や当方が気付かないことなどを教えてくれるなど、人としても成長できる機会をもらったので、ここでよかったと思いました。

 

 

Cさん「離職率が高そうな求人を紹介される」

この方は、初めは離職率が高そうな求人を紹介されていたそうです。

しかし、意思を伝えるとこのような求人の紹介は減ったようです。

とてもよいサービスが多いエージェント様ではありますが最初の頃に紹介される求人の多くはやはり離職率の高い求人がとても多いように感じました。

何度もエージェント担当者さんに希望の職種を伝えることでそのような求人の紹介は減っていったので必ず希望の職種はしっかりとお伝えすることがよい転職先を紹介いただけるポイントだと思います。

 

またエージェント様もお仕事なので仕方ないですが転職を一度休止している期間等もかなりの数のお電話があり、現在の活動状況はどうかという追客連絡がとても多かったのでうっとおしく感じる場合もあるかもしれません。

いずれにしてもしっかりと自分の気持ちを担当者さんにしっかり伝えれば自分に合わせて紹介などしていただけるので一番は担当者さんとの信頼関係を早く築くことが大事だと思いました。

 

上記のように悪い点を挙げていましたが、次のような良い点もあったそうです。

登録後にすぐに携帯にお電話があり、面談の日程などを調整していただけたのでとてもレスポンスが早いと感じました。

 

面談時もとても話が聞き上手な方で自分の強みを理解してくれて履歴書の自己PRなどに活かすことを勧めてくれたりととても頼りになり、スムーズに転職活動を進めていく事が出来ました。

 

また求人を紹介してくださるだけではなく、リクルート様主催の面接対策セミナーなどを無料で受講できるのでその点は本当に他のエージェント様のサービスにはないものだと思います。

いくつかの求人の中で希望の仕事にいくつか応募して無事に内定いただけたのは正にリクルート様のおかげだと思います。

転職初心者でも安心して利用できるので大変おすすめです。

 

 

Dさん「紹介してもらえる求人が少なかった」

前職が証券会社がDさんは金融関係の求人を望んでいましたが、1社しか求人を紹介されなかったようです。

私は、証券知識を生かした仕事を望んでおり、当然ながら金融関係の会社の求人案件を多数紹介していただけるものと期待していたのですが、金融関係の求人案件は1社しか紹介していただけませんでした。

新規開拓を必要としない営業は、金融関係にはないと言われてしまったのです。

私は経験上、そのようなはずはないと理解しており、その点は残念に思っています。

 

しかし、エージェントに意思を伝えると要望に合った求人を紹介してもらえ、無事内定できたそうです。

面接のもばっちり行ってくれたそうですよ。

私には個人向け営業の職種から抜け出したいという願望がありました。

そして、営業職であっても、証券知識を生かした仕事であり、なおかつ新規開拓を必要としない営業職につきたいという希望をキャリアアドバイザーに伝えました。

 

すると、日本国内には2社しかない証券印刷会社のうち1社を紹介していただくことができ、無事に内定をいただくことができました。

 

採用面接試験を受ける前には、模擬面談を実施していただき、事前対策をしたうえで採用面接に臨むことができた点も良かったと思っています。

 

エージェントに自分の意思を伝えることが大切

今回紹介した方々の感想を読むと確かに悪い点はありましたが、エージェントに意思を伝えることで不満は解消していったようです。

 

転職エージェントを使う上で、「自分の要望と違うな」と思ったらエージェントにその意志をしっかり伝えつことが非常に重要です!

 

食い違いはどんなエージェントでも起こりうること

このような意思の食い違いはリクルートエージェントに限った話でなく、どの転職エージェントでも起こりうることです。

 

このような食い違いを減らすために、初回の面談時から自分の要望を明確に伝えておきましょう。

 

僕も不要な求人を紹介されたことがありますが、「違う」と伝えたらその後はいらない求人は紹介されなくなりました。

 

リクルートエージェントは意思を伝えれば要望に沿ってフルサポートしてくれる

リクルートエージェントは、しっかりと意思を伝えれば、あなたの転職をフルサポートしてくれます。

 

僕はリクルートエージェントからサポートしてもらったおかげで、未経験の転職にも関わらず、1部上場のホワイト企業に転職することができました。

 

やはり、リクルートエージェントのサポート力、過去の実績は転職エージェントの中でも秀でたものがありますよ。

 

リクルートエージェントを利用しようか迷っていた人は、登録して損はありません!

ぜひ登録してみてください。

>>リクルートエージェントの登録はこちら